About

杜/Mori

この世界は、もう醜いかもしれない。

いろんな人に踏み荒らされて、唾を吐き捨てられて

どこを歩いてももう汚染されている。

個性が溢れてきてしまって却って個性がなくなった

みんな仮面をつけて生活をして

「自分は人とは違う」って

みんな同じ仮面をつけている。

同じ仮面だとも気づかずに

みんな同じ仮面をつけている。

悲しさも、辛さも、悔しさも、怒りも

全部全部、地面に吐き出されていって

本当にこの世界は醜く、悲しい世界。

そんな世界を僕は美しく思う。

美しくあってほしい。

そう、願っているだけかもしれない。

それでも僕は世界は儚くも美しい世界を信じて

絵を描くのです。